バス運転手に多い悩みは?

バス運転手求人TOP >> バス運転手転職のFAQ >> バス運転手に多い悩みは?

バス運転手に多い悩みは?

バス運転手の悩みとして多いのが、休みが取れないというものです。観光バスや高速バスの運転手になると長距離運転を強いられることもままあります。路線バスの運転手の場合、長距離運転することはないです。しかし何度も往復するので、早朝から深夜までシフトを変えながら運転しなければなりません。このため、なかなかしっかりとした休みを取ることができないので前回の仕事の疲れを引きずった状態で仕事をしなければならないという悩みを抱え、時に離職する人も出てきます。

バス運転手をしている場合、特に注意しなければならないのが眠気との戦いでしょう。疲れがたまっていると睡魔に襲われることもあります。しかしこの眠気をそのままにしていると注意力散漫になって、うっかり事故といったことも起こりえます。そこでバス運転手になるのであれば、眠気対策を確立しておくことが大事です。

バス運転手の話を聞いてみると、休憩が取れるのであれば、仮眠をとることだと言います。数十分の仮眠であっても、頭がクリアになるという話です。しかし運転している時に眠気に襲われた場合、「眠くなったから路肩に駐車して睡眠」というわけにもいきません。その場合よく言われているのは、カフェインをとることで眠気を飛ばす方法です。コーヒーをはじめとしたカフェイン飲料を飲む、またタブレット型のカフェイン剤が販売されているので眠くなったらこれを口の中に放り込むことで対策している人もいます。

あとバス運転手の職業病として避けて通ることができないことに、腰痛があります。勤務中は長時間座ったままの状態になりますし、運転中は路面の振動をもろに受けるのでどうしても腰に負担がかかってしまいます。慢性的な腰痛に悩まされているバス運転手は多いです。腰痛に悩まされないようにするためには、休憩中などを利用してストレッチをすることです。腰痛になってしまうのは、同じ姿勢を続けることで腰回りの筋肉が固まってしまうことが関係しています。ストレッチをして腰回りの筋肉を伸ばしてみましょう。そうすれば、慢性的な腰痛予防になります。もし腰に鈍い痛みやだるさを感じたのであれば、湿布を張って対処する方法もおススメです。

あと長時間座っている、特に夏場エアコンが効いた中でずっと運転していると、血流が悪くなります。その結果、痔になってしまうバス運転手も結構います。このようにバス運転手になると、いろいろと職業病に悩まされる可能性がありますので、日頃からしっかりとした対策を講じる必要があります。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.