バス運転手の研修は?

バス運転手求人TOP >> バス運転手転職のFAQ >> バス運転手の研修は?

バス運転手の研修は?

バス運転手の求人を見てみると、「未経験者歓迎」と書かれている募集もしばしば出ています。未経験者に対しては、実際に運行を担当する前に研修を実施しています。この研修の中で、バス運転手として仕事をするための最低限の知識・スキルを身に着けることになります。

バス運転手の研修といわれると、運転に関する研修をイメージする人も多いでしょう。もちろんバスを運転させて、どのような所に気を付ければいいのかなど指導役の先輩のドライバーから指導を受けます。街中を運転して、スキルを学ぶスタイルをとっている所もあります。また大手のバス会社になるとグループ内に自動車学校を有している所もあります。この場合、普通自動車の運転免許の教習と同じで、まず自動車学校内のコースで基本的なドライビングテクニックを学んで、一定技術を獲得したところで実際に路上に出て教習を受ける形式をとっている所も見られます。

その他にも学科研修も用意されています。バス運転手として仕事をするにあたっての心得などから学んでいきます。また安全運転をするための基本的な知識、道路標識などの勉強をします。さらにバスを運転していく中で車がトラブルを起こしたとか、事故に巻き込まれるなどのアクシデントも十分考えられます。その場合どのように対処すればいいのかなどについても、学科講習の中で学びます。バスの中にはドライブレコーダーを導入している事業所も多く、ドライブレコーダーの実際の映像を見て、危険予測のスキルを高めるような講習を用意している所もあります。

路線バスや高速バスの場合、ガイドの乗っていないケースが多いです。そうなるとただ単にバスを運転すればいいわけではなく、接客もマスターする必要があります。そこでバス会社の中には、専門講師を呼んでいかにお客さんに快適にバスを利用してもらうか、接客技術やマナーの授業を用意している所もあります。高齢化が進んでいる現在、高齢者の乗客を迎えることも多くなるでしょう。足腰の不自由な高齢者などがスムーズに乗車できるための介助テクニックなどを教えている所もあります。運賃のもらい方や乗車券のルールについても、接客研修の中で学んでいきます。

このように広範囲にわたって研修プログラムを用意しているバス会社もたくさん見られます。このためバス運転手の未経験者でもこれらの研修を受ければ、バスの運行にあたっての最低限のテクニックを身に着けることができるわけです。ただし研修はバス会社によってまちまちなので、未経験者は研修内容について事前に確認しておいた方が良いでしょう。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.