バス運転手はきつい?ストレスは?

バス運転手求人TOP >> バス運転手転職のFAQ >> バス運転手はきつい?ストレスは?

バス運転手はきつい?ストレスは?

バス運転手の大変な所は、拘束時間の長くなることが多い点です。例えば路線バスの場合、皆さんの近所のバスをイメージしてほしいのですが、朝早くから夜遅くまで運行している路線も多いです。そうなると朝早くから出勤しなければならない、シフトによっては深夜までバスを走らせないといけなくなるケースも見られます。観光バスに関しても同様で、朝早くから出発して、夜まで観光名所を回るようなスケジュールのツアーもあります。高速バスの場合、「深夜バス」とも言われることもありますが夜遅くに出発して早朝目的地に到着するようなプランが多いです。このようにかなりハードなスケジュールで仕事をしなければなりません。

高速バスや観光バスは違いますが、路線バスの運転手の場合、長く続けるのが大変という意見もあります。というのも同じ路線を毎日運行しなければならないからです。毎日代わり映えのしない景色を運転し続けるのは単調ですし、飽きてしまうという意見も見られます。変化がないと達成感や充実感を得ることができない、その中でどううまく折り合いをつけて仕事を続けていくかも問題になってくるでしょう。

バス運転手はサラリーマンのように、カレンダー通りに休日が取れないのも大変な所と言えます。ご存知のようにほとんどのバスが土日祝日を問わず運行しています。このため、土日出勤も結構当たり前の光景です。たとえば家族がいるとか、恋人のいる場合、なかなかスケジュールが合わずにショッピングへ出かけるとか旅行することができずに、申し訳ないという気持ちになるというバス運転手も見られます。

バス運転手の場合、神経を使って仕事をしなければならないのも大変な所です。もちろんまず何と言っても安全運行を心がけることが挙げられます。バスの乗客の命を預かっているようなもので、もし自分の不注意で事故を起こして乗客を死亡させてしまった・怪我させてしまったとなっては大変です。そこまでの重大なことにならなくても事故を起こせば、その時点で運転は中断、乗客のスケジュールなどもめちゃくちゃになりかねません。

スケジュールという意味では、時間通りに運行することもバス運転手には求められます。特に都市部のバスを見てみると、1時間に何本もバスが出ていて、1分単位で遅れのないような運行を求められることもしばしばです。「遅れちゃいけない」ということがバス運転手のプレッシャーになって、神経をすり減らしてしまうといった話も聞かれます。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.