バス運転手は人手不足?

バス運転手求人TOP >> バス運転手転職のFAQ >> バス運転手は人手不足?

バス運転手は人手不足?

バス運転手の求人情報はインターネットなどで調べてみると、結構多く出ていることが分かるはずです。求人が頻繁に出ているのは、バス運転手が慢性的に人手不足の状況に陥っているからです。どの程度の人手不足かですが、事業所によっては定員から10〜20人程度足りていない状況で運行しているようなところもあると言います。乗り合いバスの場合、1日に走らせるバスの本数が決まっています。これはバス運転手の数に関係なく決められています。このようなこともあって、事業所によってはかなりハードな勤務ペースで仕事をしなければならない所もあるようです。

バス運転手の仕事がハードなほかにも、人手不足になるのには理由があります。その中でも最近注目されているのが、乗り合い貸切というサービスの登場です。普通に走っている乗り合いバスを貸切で団体などにレンタルするサービスのことです。学校の社会科見学や合同運動会の時の移動とか、選挙の時には開票センターへ開票スタッフを送迎するといったように需要の高いサービスです。このように本業の乗り合いバスの他にも業務が増えるので、よりバス運転手の需要が高まり、人手不足を助長しているような状況です。

バス運転手不足が深刻な事業所になると、なかなか休みの取れない状況に陥っているケースも見られます。休日出勤は当たり前、次の休みが2週間後といったハードな職場になっている所もあります。厳しい職場についていけなくて離職するバス運転手が出てきて、さらにその事業所の運転手の仕事量が増えてしまう、といった悪循環に陥っているケースも見られます。

しかしこの状況は今後改善される可能性も十分期待できます。というのも日本政府は観光立国を目指す動きを活発化させていて、海外からの観光客の受け入れを推奨しているからです。観光立国を目指すのに、観光客の近場の交通の足になるバスがきちんと運行できないのでは観光客の足も遠のいてしまいます。先般しばしば発生したバスの事故で、バス運転手に過度な労働をさせないためのルールの改定が進められました。今後は急増するバス運転手の需要に、どう効率的に供給を進めていくかが課題になるでしょう。

もしバス運転手としての転職を検討しているのであれば、労働環境はしっかり確認した方が良いです。上で紹介したように、いわゆるブラックな所も珍しくないからです。過度に長時間の労働時間となっていないか、休日はきちんと取れるのか、事前に確認の上で応募を判断しましょう。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.