バス運転手の退職金の相場は?

バス運転手求人TOP >> バス運転手転職のFAQ >> バス運転手の退職金の相場は?

バス運転手の退職金の相場は?

バス運転手になった場合、一つ覚悟しておかないといけないのが、退職金はほとんど期待できない点です。特に民間のバス会社になると、そもそも退職金制度自体がないという所も少なくないです。バス運転手の運営しているブログなどを見てみると、初日の入社説明会で退職金制度のないことを聞き、将来を悲観してそのまま退社というパターンも結構増えているそうです。なぜバス運転手は退職金が出ないのか、それはバス業界の背景が密接に関係しています。

皆さんの近所を走っているバスを思い出してみてください。鉄道会社の名称の入ったバスが多いでしょう。一部観光バスなどを除き、鉄道会社の副業のような存在で運営されているものが多かったのです。ところが現在でも鉄道会社名が入ったバス会社は多いですが、ほとんどが分社化しています。それまでは、バス運転手も鉄道会社の社員扱いでした。しかし今では独立採算制をとっています。昔は退職金などの待遇は結構しっかりしていたのですが、現在はなかなか高額な退職金をバス運転手に対して支払っている余裕はないのです。ですから退職金はもらえない、もらえたとしてもまとまった額は期待できないと思っておいた方が良いでしょう。

「それでは老後の生活が心配、退職金の出るバス運転手の仕事はないのか?」という人もいるでしょう。その場合には、公営のバス会社に就職する方法がオススメです。公営のバス運転手になれば、公務員扱いになる可能性があります。公務員はメディアなどでもしばしば取り上げられていますが、手当てや退職金がしっかり整備されています。ただし「公務員扱いになる可能性」と記載したように、公営のバス運転手になれば、常に公務員扱いになるとは限りません。

公営バスの中には、民間委託という方式をとっている所もあります。制服や車両は公営と同じものを使っているけれども、ドライバーをはじめとしてそこで勤務している人は民間人と同じ扱いという意味です。この場合、民間会社に就職しているのと事実上一緒ですから、退職金に関して過度な期待はできないとなります。都営バスに就職する場合には特に注意が必要です。というのも営業所によって、同じ都営バスでも公営であるところと民間委託方式をとっている所があるからです。このため、都営バスに就職してもどの営業所で勤務するかによって経済環境が大きく違ってくる可能性があるわけです。公営であれば退職金もしっかり出て安泰、と単純に考えない方が良いでしょう。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.