バス運転手の定年は?

バス運転手求人TOP >> バス運転手転職のFAQ >> バス運転手の定年は?

バス運転手の定年は?

バス運転手の求人を見てみると、『学歴不問』『年齢不問』というのをよく見かけます。ほとんどのバス会社が人柄と免許取得を重視しているため、大型2種運転免許が取得できる年齢以上であればこだわらないところが多いのでしょう。では、定年はあるのでしょうか?

結論からいいますと、あります。そもそも定年とはある一定の年齢のことで、その年齢に達すると退職・退官することになります。基本的に、定年退職と言われている年齢は60歳以上。そのため、60歳を下回る人は定年退職できないと言われています。職種によって設定されている年齢はさまざまですが、バス運転手の場合、他の企業に比べ少し緩めに設定されています。ですから、バス会社によっては60歳のところもあれば70歳のところもあり定年の年齢が幅広いでしょう。また、バス運転手といっても業種はさまざまです。前述の年齢は、送迎バスや路線バスの運転手の例で、それ以外のバス運転手は異なります。たとえば高速バスや観光バス、夜行バスのように運転時間が長い場合は交通事故の防止のため、高齢者の採用や雇用は行っていないところがほとんどです。近年はバス運転手不足で高齢者が増えているといいますが、送迎バスや路線バスの運転手に比べると定年は早いほうでしょう。ちなみに、長距離運転で高齢者の求人がある場合は注意してください。

もし定年を過ぎてもバス運転手として活躍したい場合、送迎バスや巡回バスなどがおすすめです。送迎バスは決まった時間以外は運転することがありませんし、夜間の運転もありません。またルートも決まっているので安心です。実際、60代で送迎バスや巡回バスの運転手として活躍している方は少なくありません。バス運転手の人材不足で60代の求人も多数ありますから、体力に自信がある方は定年後に応募してみてはいかがでしょうか。ただし、当然大型2種運転免許は必須です。この年齢になると免許なしで応募するのは困難かもしれません。経験不問でも、ある程度バス運転手としての経験があったほうが有利になります。

気になる年収ですが、正社員で250万円〜350万円程度。アルバイトになると850円〜1,000円程度になります。経験年数によって変動しますが、定年後でもバス運転手は専門性の高い職種ですから、ある程度稼ぐことができるでしょう。定年を過ぎてもまだまだ働きたいという方、バス運転手の経験がある方はぜひ求人を探してみてください。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.