バス運転手の倍率は?

バス運転手求人TOP >> バス運転手転職のFAQ >> バス運転手の倍率は?

バス運転手の倍率は?

バス運転手の求人倍率に関して、公的に発表されているデータはないようです。しかし総合的に考えると、バス運転手の求人倍率は高い状態で推移していると言えます。例えば2014年度のデータですが、バスを含めた運転手の有効求人倍率は2倍程度あったと言います。全業種の有効求人倍率が1.1倍ということを考えると、倍近い求人倍率の高さであるわけです。

その他にもバス運転手の求人情報は、年間通じて一定数出ています。またバス運転手の方がブログを開設しているとか、掲示板の書き込みをしていることも多いです。その中の情報を見てみると、「バス運転手は人手不足が慢性化していて、仕事が大変」という書き込みがしばしばみられます。このような情報を総合すると、バス運転手の求人情報は高い状況で推移していると推測できるわけです。

なぜこれほどまでにバス運転手の需要が高いかですが、まず専門性の高さが関係しています。バス運転手になるためには、大型2種運転免許が必要です。しかし大型2種運転免許を持っている人口はかなり少ないです。ですから募集をかけても、応募数はそれほど多くありません。またバス会社でもいろいろな事情によって、増車や減車をしなければならないこともあります。特に増車をするとなると、バス会社もすぐに自前のドライバーを回せないこともあります。このため、増車があった時にはすぐに募集を出す、欠員の発生した時に募集を掲載するわけです。他の業界と比較して、バス運転手を含め大型自動車のドライバーの労働流動性が高いのです。これは特殊技術者にありがちな傾向です。このような関係もあって、頻繁にバス運転手の募集が出ます。

ただしバス運転手の求人倍率が高いというのは、あくまでも全体的な傾向です。地方によっては、バス運転手の募集がめったに出ないというケースもあります。その他にもバス運転手の募集で50名近くの応募があって、最終的に採用されたのは3人だけだった、3次試験くらいあったという話もネット上では紹介されています。このようにバス会社の中には、かなり厳しい関門をクリアしなければ転職できないケースもあります。

バス運転手の求人情報を見てみると、「免許のない人でも免許取得の支援制度あり」とか「大量採用!」と記載されている案件があります。このような案件は、応募すれば採用される可能性は高いでしょう。早くバス運転手として仕事したいと思っているのであれば、上で紹介したような求人情報がないかチェックしてみましょう。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.