バス運転手に多い退職理由は?

バス運転手求人TOP >> バス運転手転職のFAQ >> バス運転手に多い退職理由は?

バス運転手に多い退職理由は?

近年、バス運転手の人手不足が深刻化しています。その理由はいくつかあります。まず、『運転免許』です。バス運転手は普通免許では働けず、大型2種運転免許が必要になります。大型2種運転免許は大型免許の中でも特殊な免許で、取得するには普通車や中型車などの第一種運転免許を持っており、運転経歴も3年以上なければいけません。この大型2種運転免許を持っている人が少ないため、どうしてもバス運転手が不足してしまっているのです。もちろん、運転経歴の中には『無事故』であることも含まれています。さまざまな厳しい条件があることから、年々バス運転手を志望する人が減っているのでしょう。

次に『給料が安い』ことです。バス運転手になるまでの条件が厳しいうえに、いざ働きはじめても決して稼げるとはいえません。バス運転手は大型ドライバーなので、中型や小型に比べると給料は良いほうですが、それでも大企業でなければ満足に稼げるとはいえないでしょう。平均は400万円程度で、年齢によってそれを下回る場合もあります。高速バスの料金を考えてみると、お得に乗車できるバス会社がほとんどです。それを会社側も踏まえているため、バス運転手の給料は低く、大きな退職理由になっているでしょう。お客さんにとっては便利で安いバスですが、いざ働くとなると給料の安さにガッカリしてしまうかもしれません。

となると、バス運転手として働くのはデメリットしかないと思われてしまいます。実際これらのデメリットはありますが、メリットも存在します。それは、『年齢を問わない』『一般的な定年退職の年齢より多く働ける』などです。ひと口にバス運転手といっても種類によってメリットはさまざまですが、高速バスや観光バスのように長距離を運転する場合、『いろんな場所に行ける』というメリットもあります。また送迎バスや巡回バスになると決められた時間・決められたルートを走行するだけなので無理をせずに済みます。バスの種類によって勤務時間が異なりますので、『夜間走行はしたくない』『なるべく短距離運転が良い』という方は、高速バスや観光バスを選ばなければメリットも増えるでしょう。

ちなみにバス運転手を希望される方は、車や運転が好きな方がほとんどです。長距離バスの運転手になると、余程運転が好きでなければ務まりません。ただそういった人が減っているのも事実ですから、安定継続して働ける場所をじっくり探して応募しましょう。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.