バス運転手の残業は?

バス運転手求人TOP >> バス運転手転職のFAQ >> バス運転手の残業は?

バス運転手の残業は?

バス運転手になるにあたって、残業がどの程度になるのか気になるという人もいるでしょう。これはどのような形態のバス運転手として勤務するかによって変わってきます。もし路線バスの運転手の場合、あらかじめ時刻表が決まっています。ですから1日の運行が終了すれば、おのずとバス運転手としての仕事も終了となります。事前におおよその帰宅時間がわかっているのは、ある意味残業続きのサラリーマンと比較するといいというバス運転手の意見もネットでは見られます。

ただし路線バスの運転手の場合、残業の発生する可能性があります。たとえば道路が渋滞することで、多少到着時間が遅れることもあるでしょう。特に問題になるのが、事故による渋滞です。事故渋滞の場合、事故車両の撤去までに多少時間がかかります。人命救助のほかにも、警察による現場検証も行われますのである程度の時間通行止めになります。こうなるとまったく身動きが取れなくて、大幅にダイヤが遅れてしまうこともあります。

また路線バスの場合、時として増発を強いられることもあります。たとえばゴールデンウィークやお盆休み、年末年始は多くの人たちがまとまった休日を取り、旅行などに出かけるケースも増えます。地域によっては、普段よりも乗客が増えるので臨時便を出すことがあります。そのほかに電車が何らかの事情で動かなくなることがあります。たとえば震災などの大きな災害が起きると、鉄道がそれ以降一切運転見合わせになることもあります。そうなると電車の利用できない利用客が、今度はバスやタクシーのような車両運送サービスを利用することがあります。すると多くの乗客をさばくために、ピストン輸送を強いられることもあり得ます。この場合には、バス運転手も長時間残業をして、乗客を運ばないといけない可能性も出てきます。

貸し切りバスの運転手の場合、残業時間を含め1日の労働時間が長くなる傾向がみられます。たとえば日帰りバスツアーなどを見てみると、朝7時頃に集合しているお客さんをバスに乗せて移動開始し、夜6時ごろに解散するスタイルをとっているところが多いです。しかしこの場合も、渋滞に巻き込まれるケースもままあります。バスツアーの場合長距離移動となると、高速道路を利用するケースも多いです。高速道路が渋滞してしまうと、対応のしようがないです。するとお客さんを下ろして営業所に戻ってくるのは、深夜というケースも出てきます。残業はバス運転手の場合避けられませんが、その場合代替の休日などきちんとケアができているかどうかは確認しておいた方がいいでしょう。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.