バス運転手の人間関係は?

バス運転手求人TOP >> バス運転手転職のFAQ >> バス運転手の人間関係は?

バス運転手の人間関係は?

バス運転手といわれると、バスに乗ってしまえば自分一人で業務をこなします。このため、普通の会社などと比較すると人間関係に悩まされることはないと思われがちです。確かに勤務中は一人の仕事なので、他の人の機嫌をうかがうようなことはないでしょう。しかしバス会社の営業所に入ると、いろいろと人間関係に気を使う必要があります。

バス運転手として就職すると、まず誰もが研修を受けることになります。この時先輩が教官役となって、いろいろと指導します。この先輩後輩の関係は、結構研修が終わって一人前になっても引きずるという人は多いです。バス運転手はどちらかというと職人気質の人が集まっている所があって、先輩や指導を受けた人には頭が上がらないと言います。例えば出勤をする時には先輩よりも早く来るとか、中にはお茶を入れるとか先輩が煙草を出したら灰皿を出す、観光バスなど泊りの仕事の場合、先輩の布団を敷くといったこともあります。バス運転手の先輩後輩関係は年齢ではなく、先に入社したかどうかです。このため、場合によっては「年下の先輩」というケースもあり得ます。体育会系でずっと育ってきた人にとっては、違和感なく入れる空間かもしれません。しかし文化系の場合には、ちょっと職場の輪に溶け込むのに苦労する人も出てくるでしょう。

バス会社によっては、労働組合があって、かなりの発言権を持っているケースもあります。このような所にバス運転手として入社すると、労働組合には半ば強制的に加入させられることもあります。労働組合といわれると、春闘やストライキをやっている所というイメージを持つ人も多いでしょう。しかしネットで紹介されている体験談を見てみると、年に何度も動員がかかり、強制的に顔を出さないといけないといったこともあるようです。またその労働組合が支持政党を持っている場合、選挙があると選挙協力を求められることがあります。選挙があった時に支持政党の候補者に票を入れるのはもちろんのこと、場合によっては決起集会や街頭演説に出ないといけないといったケースもあるようです。

もちろん上で紹介したことは、すべてのバス会社で必ず起こるわけではないです。ただしバス会社に運転手として就職すれば、人間関係に煩わされることもなく、気楽に仕事ができるわけでは決してないことは頭に入れておきましょう。特に選挙協力はきついようで、国政だけでなく地方選挙も動員されるとなると休日が潰されることもあるでしょう。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.