バス運転手で高収入はどれくらい?

バス運転手求人TOP >> バス運転手転職のFAQ >> バス運転手で高収入はどれくらい?

バス運転手で高収入はどれくらい?

バス運転手の給料の平均は、年収で見ると450万円前後になるでしょう。基本的にバス運転手の給料は年齢を積み重ね、キャリアが豊富になると上昇していく傾向がみられます。このため、最初のうちは、あまり高収入は期待しない方がいいでしょう。20代に限定してバス運転手の収入を見てみるとせいぜい年収300万円程度、場合によっては200万円台の後半で仕事をしている人も少なくありません。

ただしこれはあくまでも平均で、どこの営業所で勤務するかによって違いも見られます。地域別で見た場合には、地方よりは都市部のバス運転手のほうが全般的に給料はよくなります。またバス会社の規模によっても違いがみられ、小さなところよりも大手バス会社のドライバーとして勤務したほうが待遇はよくなります。また路線バスの場合、いつでも仕事がありますので収入は比較的安定しています。しかし観光バスの場合、繁忙期と閑散期が発生します。繁忙期はかなり多忙で勤務を繰り返さないといけない一方で、それなりの収入が期待できます。しかし閑散期になると常務日数が少なくなって、営業所で待機することも多くなります。肉体的には楽ですが、仕事の出来ない分給料は下がってしまいます。安定した給料を求めるのであれば、観光バスよりは路線バスの運転手のほうがお勧めです。

もしバス会社で高収入の仕事を探したければ、民間バスよりも公営バスの運転手の募集に応募したほうがいいでしょう。公営バスの運転手のいいところは、基本給のほかにも条件を満たしていれば手当のついてくる点です。たとえば都営バスを運行している東京都交通局の場合、住居手当や扶養手当、通勤手当、夜勤手当、超過勤務手当、無事故を1か月間続けると無事故手当など手厚く待遇されています。しかもボーナスも年2回支給されることも多いです。民間のバス会社を見てみると、ボーナスの支給そのものがないとか、手当はあるにはあるけれども公営のそれと比較すると少ない傾向がみられます。

公営バスの運転手になれば、平均の年収が500万円を超えることもあります。ですから経験や年齢を加味すれば、年収600万円とか700万円近く稼げる可能性も考えられます。ただし公営バスの運転の仕事でも民間委託というケースもあります。この場合、民間バスと同じような収入レベルの可能性もありますので、求人情報の内容をしっかり理解したうえで応募するかどうかを判断したほうがいいでしょう。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.