バス運転手の将来性は?

バス運転手求人TOP >> バス運転手転職のFAQ >> バス運転手の将来性は?

バス運転手の将来性は?

バス業界については、あまり明るい話題が出てこないのが現状と言わざるを得ません。長時間労働で厳しい環境を強いられ、居眠りが原因で高速バスの事故が起きるといった話もニュースで目にしたことのある人も多いでしょう。しかしこのような問題が起きたことによって、逆にバス会社に対してもっと従業員の健康管理や安全管理をしっかりしてほしいという声が高まっています。その結果、バス会社でも自社の労働環境について見直さざるを得ない状況になりつつあります。

バス運転手は先に紹介したネガティブなイメージがあるので、慢性的な人材不足の状況に陥っています。そこでバス会社も待遇改善をして、安心して仕事のできることを積極的にアピールしている所も出てきています。このように今までの問題点が明るみに出たことで、業界全体がもっとバス運転手にとって働きやすい環境を作り出そうという動きが見られつつあります。

バス業界は、今後ますますその需要は高まってくるとみられています。まずは海外からの観光客の増加が見込まれるため、特に観光バス業界に注目が集まっています。日本が国を挙げて観光立国を目指していること、オリンピックのような世界的なイベントが開催されることも相まって、外国人観光客の増加が期待されます。彼らが観光地巡りをする場合に、バスは小回りの利く有効なツールになるでしょう。

また高齢化社会が進むことによって、路線バスへの需要も高まるのではないかとみられています。近年の傾向として、高齢者ドライバーの起こす事故が顕著になりつつあります。高齢者の場合、判断力が低下する、危ないと思っても反射的にすぐに反応できないために追突などの事故を起こしやすくなっています。高齢者の問題と切っても切り離すことのできないこととして、認知症があります。認知症ドライバーがあてどもなく運転し続けるといった「徘徊運転」も時に問題になります。そこで高齢者になったら一定の年齢で免許証を返納させるという動きも、今後強まるかもしれません。

しかし地方によっては、高齢者が自動車を手放すと交通の手段がなくなるという問題も出てきます。そうなれば、例えばコミュニティバスを運行して高齢者の方でも自動車を運転することなしで移動できるような対策を講じる必要も出てくるでしょう。そうなれば、地方でもバス路線が整備され、ますますバス運転手が求められるということになるかもしれません。このようにバス業界は、今後にわたって必要とされるジャンルであることは間違いないでしょう。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.