バス運転手で公務員になれる?

バス運転手求人TOP >> バス運転手転職のFAQ >> バス運転手で公務員になれる?

バス運転手で公務員になれる?

バス運転手には、民間と公営の大きく2種類に分けられます。そのうち公務員になるのは公営のバス運転手です。公務員でも地方公務員に分類され、地方自治体の職員として採用されることになります。ですから、バス運転手で公務員になることは十分可能といえます。もう少し分かりやすく説明すると、都営バスや市営バスなどは公務員に振り分けられます。覚えておくと求人でも探しやすいでしょう。ただ中には公営バスでも民間に事業を委託しているところもありますので、公務員のバス運転手として働きた方はその辺もチェックしておくと安心です。

では、公務員のバス運転手になるにはどうしたら良いのでしょうか。まず第一に、『バス運転手の試験に通る』ことが重要になります。たとえば東京都では、東京交通局が『運輸系職員』として採用しており、各地域でもこのように独自の試験を用意しています。試験内容は、筆記試験・面接・実技・身体検査など。筆記試験では一般常識などが主な内容になります。もちろん、大型2種運転免許も必要不可欠です。試験をパスする以前に、免許を持っていなければ応募ができませんので、免許を持っていない方は事前に免許を取得しておきましょう。ただなかには育成枠を設けているところもあり、そういったバス運転手求人では採用後に教習を受け、免許を取得する場合もあります。免許は持っていないけれど、公務員のバス運転手として働きたいという方は、こういった求人を探してみると良いでしょう。

気になる公務員のバス運転手の給与や待遇についてですが、民間バスの運転手より良いと言われています。先にも述べたように民間委託するバス会社が最近は増えていますが、それでも基本的に給料が良く手厚い待遇を受けられるでしょう。ちなみに、一般的なバス運転手の年収は440万円〜450万円程度であり、大型ドライバーということで、中型や小型のドライバーに比べると高額です。そのうえ公務員ですから、やはり稼ぎやすい職種といえるでしょう。民間のバス運転手の場合、ボーナス支給がない、手当が充実していないなどあるようです。

バス運転手の求人もさまざまで、未経験からスタートできるところも増えています。それは、バス運転手の人材が不足していることも関係していますが、それによりバス運転手としての経験はないけれど、働く意欲がある方が応募できるのは有り難いでしょう。若い方で未経験からのスタートを希望している方には有利になるのではないでしょうか。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.