バス運転手の年齢制限は?

バス運転手求人TOP >> バス運転手転職のFAQ >> バス運転手の年齢制限は?

バス運転手の年齢制限は?

バス運転手は、業界全体でみると慢性的な人材不足の状態になっています。このため、「運転できる人であれば採用したい」と考える所も結構多いです。このため、バス運転手の求人情報を見てみると、年齢制限を特別設けていない所もあります。実際バスドライバーを見てみると、50代とか60歳を超えて現役でハンドルを握っている人も少なくないです。国土交通省のデータでは、バス運転手の平均年齢は48.5歳と言います。バス運転手の高齢化は、問題視されつつあります。

自分が運転できる、ある程度の距離をドライブできる自信があれば、いくつになっても従事できます。ただしバス会社によっては、年齢制限を設けているケースもあります。特に高速バスの場合、夜間ぶっ通しで走行することも少なくありません。年齢を重ねてくると、老眼になって視力面での衰えが顕著になります。このため、夜間走行する高速バスの運転は危険ということで、複数の都内のバス会社は60歳以上になったら、高速バスには乗せないという規定を設けていると言います。

バス運転手には、特別年齢制限がありません。しかし年齢を重ねていくと、体力的に無理ができなくなります。ですから十分自分の体と相談したうえでどうするかを考えた方が良いでしょう。観光バス運転手の話がインターネット上で紹介されていましたが、「繁忙期になると月4日程度しか休めず、ひどい時には14日連続でハンドルを握ったこともある」と書かれていました。若い時は体力もあるので何とかなるかもしれませんが、50代60代になるとこれは肉体的にかなり厳しいでしょう。

ちなみにバス運転手の中途採用を見てみると、大型免許を持っていない、普通免許しかない人でも採用されるような案件もしばしば出ています。このような未経験者の案件に応募したいと思うのであれば、年齢制限がないか確認をしておきましょう。別に年齢制限を設けていない求人もありますし、長期的なキャリア形成を目的とした募集なので年齢制限を設けているケースも見られます。後者の年齢制限を設けている案件であれば、35歳前後と設定しているものが多いです。

バスの運転手は、いつまでも仕事を続けられる職種かもしれません。しかしかなりハードな職場なので、高齢者になると仕事をこなしていくのがだんだん厳しくなります。ですから自分の体力や健康状況と十分相談のうえ、「そろそろきついな」と思ったのであれば、ドライバーの運転を引退することも視野に入れた方が良いでしょう。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.