60代のバス運転手求人

バス運転手求人TOP >> 条件別のバス運転手求人 >> 60代のバス運転手求人

60代のバス運転手求人

60代のバス運転手求人の求職者の特徴として、一度定年を迎えて再雇用を探す人が大半です。バス運転手に限らず、一般的な会社を見ていくと、再雇用を行うかどうかは個々の会社によって変わってきます。また、再雇用を行っている場合でも、雇用形態が契約社員となる場合もあるでしょう。その辺の違いに注目して、自分が希望する職場を探していくことが基本になります。

一方で、定年については、バス運転手業界はやや緩いところがあると言っていいです。60歳での定年、65歳での定年、70歳までの定年など、いろいろなところが多くなっていますし、継続して勤務している人ならば、実際にはそれ以上の年齢でも勤務している場合はあります。また、バス運転手の会社であるものの、運転の業務は無し、あるいは少なめになり、事務的な作業を行うといったところもあります。こればかりは、個々の求人を見て確認するしかありません。あくまで、60歳以上でも採用の可能性は十分あるということは、理解しておきましょう。

実際に求人を見ていくと、60歳で定年になり、そこからは65歳、あるいは70歳までの再雇用を行っているところが多いです。再雇用後の形態は正社員のところが一般的なようで、給与面も含めた待遇なども据え置きであり、安心して仕事を続けることができます。ただし、運転手の種類によってこれらは変わってきます。例えば勤務時間の長い高速バス、夜間バスなどといった業務になると、安全性の面から、高齢者の採用は行っていないところが多いでしょう。あくまで例外はありますが、雇用者側の心理はもちろん、働く側としても、高齢になって激しい勤務をこなせるかどうかの不安はあるはずです。従って、求人情報の条件面に加えて、自分自身がどれくらいの業務をこなせるかを考えておくのが、60代での仕事探しになります。

比較的高齢の方でも活躍している職場としては、例えばスクールバスがあります。スクールバスは業務時間が限定されていますし、距離が短い決まったルートを毎回運転することになるので、負担は少なくなっています。幼稚園や小学校などのほかにも、習い事のスクールバスもあります。このような職場は業務の負担が少ないので、年齢や体力に不安を感じている方にはおすすめできます。高齢での採用は特殊な例になるので、転職エージェントなどを利用して、個別に相談を行ってみるのもいいかもしれません。じっくりと時間をかけて、無理なく働けるところを探していきましょう。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.