バス運転手の労働時間

バス運転手求人TOP >> バス運転手の転職の基礎 >> バス運転手の労働時間

バス運転手の労働時間

バス運転手の労働時間を調べると、はっきり言って時間は様々です。特に一番大きいのは、運転手の種類による違いです。最も長いところから見ていくと、高速バスや深夜バスがあります。この場合、例えばバスに運転手2人で乗車し、交代で丸1日、あるいはそれ以上を勤務するという場合があります。途中で休憩、交代、仮眠などをしますが、24時間拘束されます。勤務時間は長いですが、その一方で残業手当や夜勤手当が出ますし、丸1日の勤務をしたあとは休日を取得できる場合が多いです。そうなると、意外とプライベートを充実させられますし、給与も高くなります。求人情報などを見ても、通常の勤務をすれば月30万を超えるといった案件もよく見かけます。

一方、勤務時間は通常は一般的なサラリーマンと同等と考えていいでしょう。日勤で正社員として働いた場合には、残業も月30時間程度となっています。これについては会社によって変わってきますが、求人情報にしっかり記載されているので、確認しておきましょう。一方で、契約社員という働き方もあります。こちらの場合、正社員との時間の違いとして、残業が発生しにくいことがあります。アルバイトや派遣社員での勤務の場合も同じです。当然手当が少なくなるので給与は正社員と比べて低くなってしまいますが、残業なしで働きたい場合にはおすすめできる働き方です。また、短期で働くという方法もあります。この場合、わかりやすいのは観光シーズンの増員募集です。観光地などでは、観光シーズンに人員が不足し、一定期間だけ増員を募集することがあります。1年を通してお客さんが来る観光地では、1年を通してスポットでのバス運転手勤務の募集もしているくらいです。

スポット勤務の利用方法としては、普段は正社員として働きつつ、休日などを利用して働くという方法があります。観光バスの経験を積むことができますし、環境が気に入ったらそのまま正社員としての採用を希望することもできます。同じようなものとして、アルバイトで月数回の勤務というものもあります。

バス運転手は、勤務時間帯もいろいろなものがあります。最も多いのは日中の勤務ですが、夜間の高速バスの勤務、通学バス、観光バスによってそれぞれ勤務時間は変わってきます。朝早いのは市内の循環バスやスクールバスなどでしょう。観光バスは貸し切りでいろいろなところを回ったりします。勤務時間については自分の希望に合わせていろいろ選べるのが運転手という仕事です。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.