バス運転手の離職率

バス運転手求人TOP >> バス運転手の転職の基礎 >> バス運転手の離職率

バス運転手の離職率

バス運転手の離職率を調査すると、他の業種と比べると、離職率は高い方になっています。これについては、勤務時間、勤務日数が関係してきます。例えば、高速バスなどを始めとして、勤務時間が長いところ、不規則なところがあります。勤務日数についても多く、年間休日が一般的な会社と比べると少なめになっています。求人を検索していけばこれがよくわかります。また、地方では待遇面での不満があって、離職をする人が多いようです。例えば地方の観光バスなどを見てみると、月で15万ほどの給与のところもあるくらいです。さらにひどいことになると、会社そのものの経営が傾き、職を失うということもあります。これに加えて、離職率が高くなっている理由として、転職のしやすさがあります。離職をしても求人はいくらでもありますし、年齢や学歴が採用の条件になっている所は少ないです。そのために、離職をする人、転職をする人が多くなっているのです。

では、離職をしないためにはどうすればいいかといえば、やはり職場選びをきちんとすることです。自分は何を求めているかをまずはっきりさせましょう。とにかく待遇面を重視したとしても、例えば激務で体が持たないとなれば、長く働くことは難しくなります。かといって、余裕をもって働けるところでは、十分な給与がもらえないという問題も出てきます。この辺は求人探しをじっくりとして、自分の希望に沿った職場をしっかり選んでいくことが大切です。どれか一つの要素だけでなく、待遇、労働環境、会社の規模などを総合的に考えて、職場を選ぶのが基本です。

求人探しをきちんとしないと、困るのは自分です。条件はやや高めに設定してもいいので、とにかく希望に沿った優良な求人をいち早く探していきましょう。それをしていくだけで、バス運転手業界の求人事情についても自然と頭に入ってきます。その上で、自分の経験や能力と照らしあわせて、採用の可能性があるところに応募をします。簡単そうに思えますが、ここまでしっかり行っている人は少ないです。

離職に関して気になることは、転職可能な年齢はどれくらいまでか、ということです。これについて、年齢不問の求人がほとんどなので、実質的に制限はないと思っていいです。ただし、定年は概ね60歳ほどに設定されており、65歳、あるいは70歳までの再雇用制度があります。ですから、50歳の前半くらいまでならぎりぎり転職は可能でしょう。もちろん、経験や能力が高ければマイナス面もカバーできます。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.