バス運転手の給料・年収

バス運転手求人TOP >> バス運転手の転職の基礎 >> バス運転手の給料・年収

バス運転手の給料・年収

バス運転手の転職事情に関して、まず知っておきたいことは、働き方はいろいろあるという点です。通常ならばフルで正社員として働きますが、この他にも契約社員という雇用形態も多くなっています。また、就業期間についても短期のものが多く存在します。これは、例えば観光バスなどで、観光シーズンに増員をするために起こります。普段は正社員として働きつつ、観光シーズンに短期でお小遣いを稼ぐといった働き方もできるのです。他にも、アルバイトで月数回と言った働き方もあります。

また、公務員として働くこともできます。これは公営バスの運転手です。ただし、最近は民営化が進んでいることもあって、数は減少傾向にあります。民営化されても、公務員時代の雇用環境、労働環境の名残があるために、安定して働けるので人気はあります。働き方については、勤務時間もいろいろな種類があります。基本は日中の勤務ですが、夜間の高速バス専門の業務、あるいは通学バスの運転手となると、朝と夕方が勤務の中心となります。その他、観光バスならば一日かけていろいろなところを回ったり、貸切バスでその日によって異なるルートを回ることもあります。勤務時間が長い勤務先もあり、それは高速バスです。高速バスの場合、休憩や交代、仮眠などをとりつつ、丸一日の勤務をこなして、次の日は休日といった働きかたもあります。この場合、残業手当や夜勤手当などが付くため、結果として給与が多くなります。

転職については、その理由はいろいろなものがあるでしょう。中でも、バス運転手は離職率が高いという傾向がありますが、それは良い雇用環境を求めてのことが多いです。そうなると、待遇を良くするために転職を考える人が多くなってきます。雇用環境の良いところは、例えば残業も少なく、休暇も多い、育児休暇の実績もあるといったところでしょう。これに当てはまるのは大手のバス会社などです。概ね環境が整備されており、人気があります。大手のバス会社では研修なども充実しているので、初めて勤務をする場合にもおすすめできます。

他の転職理由としては、移住による転職があるでしょう。この場合、注目すべきは研修制度です。見知らぬ土地で働き始めるにあたって、研修がしっかりしていれば無理なく勤務に入っていくことができますので、ここは重要なポイントになります。その他、休日、手当、福利厚生などは会社によって大きく左右される業界なので、自分の希望を固めて、しっかり求人を探していくことが大切です。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.