バス運転手の履歴書の書き方

バス運転手求人TOP >> バス運転手の転職の基礎 >> バス運転手の履歴書の書き方

バス運転手の履歴書の書き方

選考を突破するなら、履歴書の書き方が重要になります。特にバス運転手は、接客サービスの向上や事業改善を目指し、他の企業より履歴書の内容を重視しています。ですから、面接を受ける前に『正しい履歴書』が書けているか確認しましょう。

まず、履歴書の基本的な書き方は、『日付』『氏名』『写真』『年齢』『住所』『電話番号(メールアドレス)』『学歴』『志望動機』になります。日付は、提出する日もしくは前日を記載しましょう。また日付を西暦で書いた場合、他の欄の日付も西暦で統一する必要があります。氏名は、フルネームで分かりやすく丁寧に書きます。ふりがながひらがなの場合とカタカナの場合がありますが、決められた方法で記載してください。写真は、顔が分かりやすいものを選び、好印象を与える表情であれば尚良いでしょう。そして、必ず直近3ヶ月以内のものを使用してください。

学歴や職歴は、原則として『最終学歴のひとつ前』を書きます。たとえば大卒なら高校卒業から記載します。もし専攻していた学問があれば、詳細を記載しておくとプラスになります。バス運転手なら、中型や大型の免許取得をしっかり記載しておきましょう。経験者優遇の求人なら、バス運転手や中型・大型のドライバー経験があることを書いておくとプラスになります。ちなみに、資格や特技などは本人希望欄に書きます。趣味や特技も仕事で活かせるような内容であればどんどんアピールしてください。ただあまりにたくさんの趣味特技がある場合は、2〜3個に絞りましょう。

そして、志望動機です。履歴書でも一番チェックされる欄ではないでしょうか。なぜバス運転手を志望したのか、なぜその会社を選んだのか具体的に書いておくと気持ちが伝わりやすくなります。また、バス運転手は接客業ですから、コミュニケーション能力の高さもプラスになります。人と接することが好きなら、しっかりアピールしましょう。会社にとって『貢献してくれそうな人材』は必要とされます。

たかが履歴書ですが、されど履歴書です。きちんと書かれた履歴書は非常に好印象を与えます。もちろん、内容だけでなく字の美しさも大事です。どんなに正しい履歴書でも、字が汚いとそれだけでマイナスになってしまう恐れがあるからです。また応募先を無視した履歴書の書き方にも注意してください。なるべく空白を作らないことも大切ですが、特に書くことがないのに無理に埋める必要はありません。

これらに注意しながら好印象を与える履歴書を書きましょう。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.