バス運転手の向き・不向き

バス運転手求人TOP >> バス運転手の転職の基礎 >> バス運転手の向き・不向き

バス運転手の向き・不向き

バス運転手の向き・不向きについて見ていくと、業務内容はシンプルであり、安全な運転がまず第一です。従って、それさえできれば向き不向きは関係ないとも言えます。ただし、細かく見ていくと、持っていると有利なものはいくつかあります。例えばコミュニケーション能力です。自治体の循環バスなどをイメージすればわかりますが、降車時、あるいは乗車時に目的地近辺の情報などを聞かれることがあります。例えば人の出入りが激しい学生街、新興住宅地などを循環するバスならば、毎年のように地理情報や街の情報を聞かれることになります。そこで生きてくるのは土地鑑でしょう。また、丁寧に、わかりやすく説明する能力も問われます。逆にこれらのことが苦手であると、業務にストレスを感じてしまうこともあります。

他にも、一定のペースで安定して業務をこなす能力が問われます。公共交通機関の利用者にとって最も大切なのは、確実に目的地へ行くことです。そのためには、早すぎても遅すぎてもだめで、毎回同じペースで運転し続けることが大切です。一方、高速バスなどはどうでしょうか。こちらは、長時間の勤務、夜間の勤務などが多くなってきます。そこで重要なのは、不規則な勤務への対応力、そして体力です。体力が無い場合にこまるのは、自分というよりもむしろ利用者や会社です。安全性が最も大切な交通業において、体力がなかったり、夜勤への不安を抱えていては問題があります。夜勤が多いことで給与はいいですが、単純に給与だけで選んでしまっては、あとから後悔しかねません。

各会社、あるいは運転手の種類における適性を知りたい場合には、やはり経験をした方がいいです。そこでおすすめしたいのは、短期でのアルバイトです。例えば観光バスならば観光シーズンに一時的に増員をすることはよくあります。そこで1日だけ勤務を経験してみるという方法があります。1週間だけ、あるいは毎週休日だけという働き方も可能です。短期での勤務をすれば、いろいろな運転手業務を体験することができ、自分の体で自分に適性があるかどうかを見極めることができます。

他には、向き不向きがはっきり出やすいのは、観光バスやスクールバスでしょう。これらのバス運転手は、乗客とのコミュニケーションの機会が多く、接客業の要素ももっています。一般的なバス運転手とは会社によっていろいろ違ってきますので、ここで向き不向きがはっきり出る可能性があります。会社による違いは個人でいろいろ調べてもいいですし、転職エージェントなどを使って情報を入手してもいいでしょう。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.