バス運転手の辞めたい場合

バス運転手求人TOP >> バス運転手の転職の基礎 >> バス運転手の辞めたい場合

バス運転手の辞めたい場合

バス運転手を辞めたい場合の理由としてよくあげられるのは、勤務日数や勤務時間が長いというものです。求人情報を見るとわかりますが、バス運転手の年間休日は100日に満たないところも多いですし、それでいて残業は一般企業並、あるいはそれ以上となっています。また、例えば長距離のバス運転手となると、丸1日の勤務をこなして次は休み、そして再び丸1日の勤務ということもあります。不規則な勤務が辛いので、辞めたいという話もよくあります。この辺は、待遇面との兼ね合いになるでしょう。大手のバス会社や高速バスの場合は、待遇が良く、給与も手当が豊富に出て高めになります。そこでバランスを取っているので、こればかりは向き不向きになってきます。しかしながら、業務がきつくて待遇も平均以下というところもあります。この場合は、転職をして待遇のいいところ、労働環境の整備されたところに移った方がいいでしょう。

待遇や労働環境の良し悪しを知るには、基本は求人情報になります。チェックすべきポイントはいくつかありますが、まずは情報量が豊富で、雇用条件や待遇について細かいところまで記載してあるところです。その上で、研修制度などもチェックしておきましょう。研修について記載がないところも多いですし、記載があってもシンプルすぎるところ、実質的に研修はないところも多いです。研修があって、なおかつ具体的にどれくらいの期間、どのような研修をするかしっかり記載されているところは、他の労働環境についてもきちんと整備されている可能性が高いです。この辺をよく調べていくと、条件の良い求人を見つけることができます。

さらに、公式のホームページをチェックするのもいいでしょう。採用情報がきちんと掲載されてあり、研修などを始めとした労働環境、実際に働いている人の1日の業務内容などまで詳細に掲載されている会社は信頼できます。その上で、気になるところがあったら問い合わせをしてみましょう。その時の対応方法も会社の環境の指標になります。また、実際に応募したあとで、面接などで労働環境などについて積極的に質問をしてみましょう。そこで明確な回答をしてくれるところはおすすめできます。

その他辞めたい理由があれば、いきなり辞めるのではなく、まずは理由をはっきりさせ、転職するならばどのような条件を希望するかをしっかり考えましょう。勤務をしつつ計画的に転職を行っていくことがポイントです。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.