バス運転手の資格

バス運転手求人TOP >> バス運転手の転職の基礎 >> バス運転手の資格

バス運転手の資格

バス運転手の資格といえば、大型二種免許になります。この免許は特殊な免許であり、所有している人は少数です。免許のとり方はいろいろありますが、基本は会社への採用をしてから、教習所に通うといったことが多いようです。これについては、会社ごとにいろいろ方法が変わってきます。予め免許を取得してからでないと応募できないところもあるので注意しましょう。免許だけを取り上げると、2ヶ月ほどで取得できるようです。

免許について一つ覚えておきたいのは、会社での取得支援制度です。これは免許取得にかかる費用の一部から全額を会社が負担、あるいは肩代わりしてくれるというものです。個々の企業で扱いは変わってきます。一例をあげると、免許なしで採用し、費用を負担して免許取得、そのまま研修を経て勤務をするというところがあります。その会社では勤続年数が3年を超えた時点で費用の返済義務がなくなるということで、採用後にしっかり勤務を続けていけば、免許取得の費用を浮かせることができて非常に便利です。このような企業は少数ですが、研修制度を始め、労働環境もしっかり整っているところが多く、単純に職場としてもおすすめできます。免許を取得してからはベテランの運転手などのサポートを受けつつ実際にバスの運転業務を行っていき、数ヶ月で独り立ちをします。若い人で未経験の採用を目指している場合には、このような会社が最もおすすめです。

資格については、免許以外に特に問われることはありません。資格も含めた採用条件を見ていくと、バス運転手の場合、学歴や年齢は他の業種と比べてゆるいところがあります。学歴不問と表記されているところは多いですし、学歴に関して記載があっても、中途採用で経験者ならば問題なく採用してくれるところも少なくありません。学歴については、条件があるとすれば高卒以上といったところでしょう。しかし、例外もあるので絶対にそれ以下では無理と諦める必要はありません。

年齢について見ていくと、若いうちは制限がないものの、逆に経験の有無が問われます。最初は未経験可能な会社に入社し、そこで経験を積んでステップアップするのがいいでしょう。逆に高齢の場合は、50代あたりから採用が少々難しくなる可能性があります。定年は60歳ほどですから、経験がどれくらいあるかがカギになります。一方で、定年後の再雇用を行っているところは多いので、65歳、70歳でも勤務できる可能性はあります。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.