バス運転手の職務経歴書の書き方

バス運転手求人TOP >> バス運転手の転職の基礎 >> バス運転手の職務経歴書の書き方

バス運転手の職務経歴書の書き方

選考では、履歴書や職務経歴書が重視されます。たかが履歴書・職務経歴書と思われるかもしれませんが、これらは立派なアピールポイントです。バス運転手は特に履歴書や職務経歴書を重視するといいます。正しい書き方を学び、良い印象を与えましょう。

まず、職務経歴書を書くときのポイントは、『要約』『職歴』『主な経験』『達成事項』の3つになります。要約では、これまで経験した職業を簡単にまとめ書き込みます。バス運転手ですから、できればドライバーとして働いていた経験があると有利になります。職歴は、勤務先を具体的に書き、もし自分なりに工夫していたことがあればここに書き込みましょう。主な経験や達成事項は、自己PRのようなものです。自身の強みになりますから、持っている資格を書くのもOKです。バス運転手なら、中型・大型の免許が欠かせません。きちんと記入し、バス運転手として会社に貢献できる人材であることをアピールしましょう。

ちなみに、職務経歴書は明確な枚数が決まっていません。そのため、必ずしも1枚でなければいけないということはありませんが、一般的に『A4用紙1〜2枚』と言われています。あまりたくさんの職務経歴書を書いても、書類選考で不利になってしまう場合があるので注意してください。書式は、企業によって決まっている場合があります。基本的には明確な書式は決まっていませんが、『編年体形式/逆編年体形式』『キャリア形式」の2つの書式が決まっているのは事実です。前者は、過去から現在・現在から過去でまとめていく方法で、習熟度を分かりやすく伝えることができます。一方で後者は、職務経験や業務内容などをまとめる方法です。専門性が高い求人デメリットになるでしょう。バス運転手の場合、特にこれらの書式にこだわる必要はありませんが、万が一会社側が求めた場合は、それに沿って書き込みましょう。

避けたい職務経歴書は、1.長くダラダラ書く、2.アピールポイントが多い、3.自慢や誇張、などです。先にも述べたように、職務経歴書は1〜2枚がベストになります。3枚以上ダラダラ書くと、きちんと伝わりません。そのうえアピールポイントも多くなると、一体何を一番伝えたいのか分からなくなってしまいます。ですから、1〜2枚の職務経歴書に2〜3個程度のアピールポイントを簡潔で分かりやすく書くようにしましょう。また面接で突っ込まれたときに答えられない内容もNGです。

職務経歴書でも、等身大の自分をアピールするようにしましょう。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.