バス運転手の採用基準

バス運転手求人TOP >> バス運転手の転職の基礎 >> バス運転手の採用基準

バス運転手の採用基準

バス運転手の採用基準として最も重要視されると言っていいのは、経験があるかどうかです。これさえしっかりしていれば、他の条件はほとんど関係がないというのがバス運転手です。経験豊富であれば、即採用ですぐ働けます。もちろん、運転手の種類にもよります。観光バスならば接客業的な側面もありますし、スクールバスなどもそれぞれに求められる人物像が変わってくるでしょう。人物像などに特にうるさくないのは、例えば高速バスなどではないでしょうか。高速バスは接客する場面は少ないですし、とにかく安全に時間通りに運転していけばいいからです。

まず採用基準の中でも必須なのは免許です。これは当たり前のことかもしれません。免許を持っている人しか、そもそも求人を探さないだろうというわけです。しかし、求人情報を細かく見ていくと、免許なしでも採用可能な求人もあります。採用後に免許の取得を行い、数ヶ月で実際に勤務を始めるというところがあるのです。このようなバス会社は研修制度などもしっかりしていますし、免許取得について補助、あるいは費用を会社が負担してくれることもあります。これだと、未経験で一から、費用を抑えてバス運転手になれるので、非常に便利です。免許の次に気になるのは学歴、年齢ですが、これらについてはゆるいところが多いです。ただし、極端になると問題が出てきます。例えば50代も後半になってからだと、定年が目前に迫っているので、若い人と比べれば採用は難しくなってきます。

学歴については、特に指定するところはありません。会社内で運転手以外の業務もあるケースでは、大卒での募集を行っているところもありますが、基本的に学歴は不問のところが多いでしょう。ですから、まずは免許があれば問題なく、場合によっては免許が無くても採用可能ということを、頭に入れておきましょう。

では、経験についてはどのようなことがポイントになるでしょう。まずひとつは、土地鑑です。その土地で長く住んでいて、地理や交通事情に詳しい人の方が雇用者側も採用しやすいでしょう。ただし、土地鑑によって採用が左右されること少ないので、それほど心配する必要はありません。一方、重要視される経験については、同じ種類のバス運転手の経験があるかどうかです。スクールバス、観光バス、高速バスなど、各種のバス運転手経験があったほうが、採用はされやすいでしょう。また経験が豊富であれば、待遇面にも反映してくれるところもあります。経験をしっかり生かして就職しましょう。

バス運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細


TOP

バス運転手の転職の基礎

条件別のバス運転手求人

バス運転手転職のFAQ

地域別のバス運転手求人


Copyright (C) 2014-2018 バス運転手求人ガイド【※理想の条件で満足の転職】 All Rights Reserved.